2010年06月15日

レコーディングダイエット第6段階「軌道到達」

第5段階まで来たら、基本的にはレコーディングダイエットは成功と言って良いでしょう。

後は、最終段階となる第6段階「軌道到達」を残すのみです。

ここまでの過程で、既にダイエットに適した体は作られています。

これくらい食べたら太るな、これくらいなら大丈夫だな、という認識を、頭ではなく体が覚えているのです。


その為、満腹感を覚える少し前で箸が止まり、それでも満足感を得るという状態になっているので、食べ過ぎ、飲み過ぎということがほぼなくなっているのです。

この第6段階では、それを実践してみて、自分の体がどのように変化したかを確認することになります。


まず、記録を一切せずに食事してみます。

そこで、自分の体の感覚を頼りに数週間食事をしてみて、体重が増加しなければ、晴れてレコーディングダイエットのプログラムは終了です。

その頃には、もう最初の頃よりかなり痩せている事でしょう。

特にダイエットをしているという意識もなく、自分の体が自分の体型にあった適切な量を認識したのです。

レコーディングダイエットの目的は、まさしくそこにあります。

それが達成されたということは、イコールダイエット成功ということになります。


ここまでの道のりは決して短くはありません。

いくらお手軽に始められ、継続しやすいダイエットとはいえ、長期的なプランである事は確かですから、簡単ではないのです。

それでも、このレコーディングダイエットに成功した時には、非常に多くのものを得ることになります。


posted by よしよし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

レコーディングダイエット第5段階「再加速」

第4段階で当分の間継続していくと、徐々に体質に変化が出てきます。

それは、嗜好、つまり食べ物の好みの変化です。

半年くらい継続してくると、カロリーを抑えた現在のメニューが当たり前の物として認知され、間食したいという欲求や、高カロリーの物、味の濃い物を体が要求する事もなくなってきます。


本来は、ここに持ってくるまでがとても大変なんです。

食事制限のダイエットを行う場合、ここに辿り着くまでにやめる人がほとんどで、なかなか停滞期の先まで来るのは難しいのです。

特に、ある程度体重が下がった際に発生する「自分への御褒美」的な欲求が、かなり邪魔になります。


しかし、レコーディングダイエットの場合、毎日レコーディングしていると、そういった「これまでと明らかに異なる食事」をあまり好ましく思わなくなります。

というのも、せっかく毎日1,500kcal以内で抑えているのに、そこに御褒美として例えばマクドナルドでバリューセットを頼んだり、王将でセットを頼んだりした場合、一気に+1,000kcal以上となってしまいます。

1日だけ2,500kcalになってしまうのです。

これを取り戻すには、その後に1日200kcal分抑えても5日かかります。

これはかなりきつい事です。


それをデータ上で把握していると、自然と嫌悪するようになり、そういった高カロリーの食事から自発的に遠ざかるようになるのです。

この段階に来ると、レコーディングダイエットとしては既に成功と言えるでしょう。

既に、ダイエット体質になっているのです。


posted by よしよし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

レコーディングダイエット第4段階「巡航」

第3段階まで終了したら、今度は第4段階「巡航」へと移行します。

とはいえこの第4段階では、実はほとんど何を変える事もありません。

第3段階までで行ってきた事を継続する形になります。

船や飛行機は、一度出発すると、後は自動で動いてくれます。

その為、ある程度港から離れると、ほとんど何もしなくてよくなります。

それと同じですね。

ですから「巡航」なのでしょう。


この期間にすることは、ただひとつ、耐える事です。

というのも、レコーディングダイエットに限らず、ダイエットにおいては必ずやって来る「停滞期」が、ちょうどこの時期だからです。

第3段階で食事の制限と調整を行った後、体重はほぼ間違いなく落ちます。

カロリー摂取を控えれば、当然体重は減少するからです。

最初の数日間は順調に下がり、その後も週単位でチェックしていくと、下がっている事がわかってきます。

しかし、開始から2〜3ヶ月位の時期に差し掛かると、急に体重にまったく変化が見られなくなります。

これが停滞期です。


この状態になった場合、大切なのは慌てない事。

この方法ではここが限度なのかと、すぐに見限らない事。

そして、これはどんなダイエットでも起こる当たり前の現象だと認識し、耐える事。

これに尽きます。


ただし、ただ耐えているだけでなく、例えば朝食に豆乳を試してみるなどの小さな変化を起こしてみると、多少の刺激にはなり、継続がしやすくなるでしょう。

基本的には、この時期のレコーディングダイエットはちょうど中間地点となります。


posted by よしよし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。