2010年07月01日

レコーディングダイエット中に体重が増えた場合

停滞期は、どんなダイエットでも、どんな人でも訪れます。

ただ、中には許容範囲のカロリー摂取を行っているにも関わらず、体重が増える場合も出てきます。

これはかなりショックですね。

しっかりカロリー制限をしているのに体重が増えるとなると、一体自分の体はどうなっているんだろう…と思ってしまいます。

レコーディングダイエットそのものに疑問を抱く事にも繋がります。


とはいえ、これも停滞期の延長線上に過ぎません。

体重が増えた事を気にするなというのは難しいかもしれませんが、そこで投げたり無理に食事制限したりする必要はないのです。

一時的な増加は、体調次第では起こり得ます。

たとえば、体内の吸収率が一時的に増加していたり、排泄がしっかりできていなかったりというようなケースです。


ダイエットがある程度進むと、体重が落ちにくい状態になるので、ちょっとした事で増える事は十分あり得ます。

一時的に増えても、1〜2週間のトータルで増えていなければ問題ありません。


しかし、1週間トータルで増加している場合は、ちょっとメニューの見直しが必要ですね。

いくらカロリーが範囲内であっても、脂肪分や糖分を摂り過ぎている場合は、変更が必要です。

糖分は運動していればエネルギーとして消化されますが、運動なしだと体内脂肪になってしまいます。

また、アルコールを摂取している場合も同じです。

レコーディングダイエット中は、お酒はできるだけ控えておいたほうが良いでしょう。

posted by よしよし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

レコーディングダイエット中に体重が減らなくなったら

ダイエットには、必ず停滞期というものがあります。

それは、レコーディングダイエットであっても例外ではありません。

必ず、体重が思うように落ちなかったり、全く変化しなかったりする時期が出てきます。

レコーディングダイエットの過程でいうと、全6段階の中の第4段階の時期ですね。

この時期には、いくら食べ物を制限しても、ほとんど体重が変化しません。


重要なのは、こういった時期に差し掛かったからといって、無理な節制をしない事です。

多くの人は、この停滞期にダイエットを挫折します。

レコーディングダイエットに関しても、この時期を境に記録を止めてしまう人が多いようです。

それまで、体重が減っていく記録を数字として書き記す事をモチベーションとしてやってきた人にとっては、体重が落ちなくなるというのはかなり堪えるみたいですね。

ただ、これは人間の体が正常である限りは起こり得ることなので、ここで無理をしたり投げ出したりはせず、再び落ちる時を待つ必要があるのです。


どうしても何かを変えたいという場合は、カロリーを減らすのではなく、現在のカロリー内で栄養の組み立てを変えてみましょう。

同じカロリーであっても、栄養素のバランス次第で体内における摂取量、吸収率が変わってきます。

上手い組み合わせで食事をすると、脂肪分がほとんど分解され、体内に残らないということも十分可能です。

停滞期には、気分転換も変えて栄養について考えると、いい結果を生むことが多いようです。

普通に色々と工夫するのは面倒に感じる人でも、煮詰まった時期に何かを変えたいというタイミングでやってみると、意外と楽しく勉強できるかもしれません。

posted by よしよし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

レコーディングダイエットにお勧めの夕食

夕食の場合、既に朝食、昼食を摂っている訳ですから、既に許容カロリーが決定しています。

例えば、男性の場合で朝と昼に合計1,000kcal摂取している場合は、夜は600〜1,000kcalの範囲に収まるメニューが理想的となります。

ただ、できれば夕食は一日の疲れやストレスを解消させるという意味でも、ある程度自由に、そしてしっかり摂りたいところですよね。

その為、最初に夕食のメニューを考えて、その後に残りのカロリーで朝食と昼食を決めるという様にしたほうが、一日の中でバランスをとりやすいのではないでしょうか。


レコーディングダイエットをしていると、朝、昼、夜をある程度バランスよく摂りたくなります。

その場合は、男性は1,000kcal、女性は700kcalくらいを夕食にあてるといいでしょう。

この範囲でなら、大抵の定食は問題なく食べることが可能です。

ロースカツ定食やハンバーグ定食、牛焼肉定食などでも、十分1,000kcal以内の範囲に入ります。

しょうが焼き定食やカレーなどの場合は、700kcal以内で収まるので、一品で頼む上では女性でも全く問題はないでしょう。


ただ、揚げ物の多いお弁当屋さんなどを利用する場合は、注意が必要です。

また、バーガーショップのようなファーストフード店でセットを頼む場合も、結構カロリーが高くなります。


その他で注意が必要なのは、揚げ物や焼肉、あるいはお寿司といったメニューです。

これらを夜、それも21時以降に摂ると、かなり体重が増えてしまいます。

カロリーはもちろんですが、こういったメニューによっても体重として残るか消化されるかが違ってくるので、注意しましょう。

こうした点はレコーディングダイエットの落とし穴の一つでもあります。

posted by よしよし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。